2017年末 北海道&東日本パスで冬の北海道へ 函館編

f:id:takuya-412338:20181015121839j:plain


前回は青森到着まで書きましたが続きです。

22時05分青森駅に到着。
はまなすが無くなった今、この先どうするか悩んだがフェリーで函館まで行くことに。

1日電車に乗っていたので、体を休ませる為に青森まちなか温泉に行こうか悩んだが、冬の津軽海峡を越えることを考え、フェリーが運休になっても困るので温泉を諦め、フェリーターミナルへ。

青森駅から徒歩約30分で到着。
23時30分の青函フェリーの乗船券を購入。
お値段1600円!時間まで少し待機し、乗船開始。f:id:takuya-412338:20181015110938j:plain
本日の寝床ゲットです。函館までの3時間50分1600円で泊まれるのはかなりお得感があります。壁にはコンセントも付いているので、携帯やモバイルバッテリーが充電出来ます。
f:id:takuya-412338:20181015111342j:plain
あまり大きなフェリーではないので売店がない分、自動販売機は充実しています。カップ麺も販売しています。
f:id:takuya-412338:20181015111513j:plain
その横にはカウンターがあり食事がとれるようになっています。仙台で牛丼を食べたあと、何も食べていなかったので、こちらでラーメンをいただきました。

f:id:takuya-412338:20181015111626j:plain
シャワールームもあります。誰でも使用できます。シャワーを浴び、部屋に戻り函館到着まで仮眠します。

12月29日
03時20分函館フェリーターミナルに到着。
早朝の為、バスもタクシーもいない…
調べると函館駅まで歩けない距離ではなかったので徒歩で移動開始!海風が強くかなり寒い。冬場はあまりおすすめ出来ません。

ナビだと徒歩1時間だったが実際歩くと45分~50分くらいで着きました。個人差はあるかと思います。

朝市まで時間があるので函館市内をブラブラします。
f:id:takuya-412338:20181015121318j:plain
函館観光といえばここ!金森レンガ倉庫。早朝の為、入ることは出来なかったですが、函館らしい雰囲気は満喫出来ました。
f:id:takuya-412338:20181015121714j:plain
もう1枚

f:id:takuya-412338:20181015122314j:plain
そしてCMで有名な八幡坂!昼間だと海までまっすぐ見渡せるとても素敵なスポットです。
この近辺には教会が沢山あり、函館の観光スポットになっています。

f:id:takuya-412338:20181015123526j:plain
教会巡りを終え、函館駅に戻る途中、函館市電の十字街駅。函館観光の要で、市民の足。路面電車が無くなる世の中、いつまでも残して貰いたいです。

f:id:takuya-412338:20181015124534j:plain
函館朝市に戻って食事処を探します。まだ開店前の店もあり、年末の書き入れ時らしく、かなり慌ただしそうです。
f:id:takuya-412338:20181015125042j:plain
函館朝市の有名店といえばこちらのきくよ食堂です。こちらで以前食事をしたことがあるので今回は別の店を探します。函館朝市は活気があり歩いているとホントによく声をかけられます。
今回食事を頂いたのはこちらのお店です。

はこだて浪漫館

はこだて浪漫館

決めては声をかけてきたおばさんがとてもいい人だったから。早速、ほっけ定食1200円を注文。
f:id:takuya-412338:20181015130842j:plain
あまりの空腹に1口食べてから写真を撮っていないことに気づきました…他に、カニ汁とご飯とイカの塩辛が付いていました。冷えた体がホントに温まります。カニ汁の美味しさにおかわりの注文をするとサービスで頂きました。ありがとうございます!

はこだて浪漫館を出て、うろうろしているとあたりも明るくなってきました。
f:id:takuya-412338:20181015132804j:plain
函館山の頂上まで見え始めます。今回は日程の関係で夜景は見れませんが、時間に余裕がある方は是非見てください!
f:id:takuya-412338:20181015133047j:plain
早朝の朝イチに行列が出来ていたので何かと思ったらかにまんでした!店の名前もかにまん茶屋!当然並んで購入!写真は…忘れました!

f:id:takuya-412338:20181015133427j:plain
函館朝市を満喫し、鉄道旅行に戻ります。